基準を持つことの価値を考えましょう

原 裕二   2018年9月17日   基準を持つことの価値を考えましょう はコメントを受け付けていません。

連休ですので、
日本時間は小動きですね。

ポンド/ドルをさらに少し利食いました。
エントリー時のチャート
平均+140.8pips

今日は週足でPT1が発生したので、
増し玉を検討しています。

他にはユーロ/NZドルを観察中です。
週足が乖離しているので、
日足のPT1発生を待ちながら
フライングで増し玉です。
週足と4時間足のPT8に近いかもしれません。

乖離については書籍等で触れられていなかった内容ですね。

この辺りは昨年ロンドンで披露されたものに含まれていました。
とても良かったですよ。
秀逸でした。
そこに参加された方だけが知っている特権ですね。

ファンダメンタルズとテクニカルも書籍にならないかな、
と期待しています。

ファンダメンタルズとは何か、
テクニカルとは何か、
それぞれの基準ができると、
相場の見方がまた一段変わることになると思います。

シナリオの描き方と似ているもので、
正しいか、正しくないかではなく、
基準を持っているか、持っていないか、
なのだと思います。

どんなに優れたプロフェッショナルでも
間違いのない、正しく判断できている人は
一人もいないと思いますから。

基準が安定を生み出すのではないでしょうか。

謙虚になって相場はわからないものだ
というスタンスさえ持つことができれば
正しい、正しくない、という
不毛な議論からいち早く抜け出し、
持っている基準から
今何をすべきかがわかり、
より相場を楽しく泳いでいくことができるのだと思います。

私の持論ですが、
相場においても基準が必要ですし、
日々の生活においても基準が必要です。

基準を持つことができれば、
小手先のテクニックの背景にあるもの、
その考え方、見方、
それらの本当の意味がわかりますので、
翻弄されることがなくなります。

皆さんは基準を持っていますか。

芯を持つことの価値は
想像以上に大きいものだと思います。

【注目記事】
鹿子木 健(かなこぎ けん)が2分で伝えたいこと
2018年の1月から7月までのトレード記録を公開します!
動画「仮想通貨の正体」(鹿子木健)


About 原 裕二

株式会社ジェイ・ブルーム代表取締役  業界・専門を問わず個人、法人のプロジェクトを成功へとつなげた多数の実績をもつコーチングアドバイザー。俯瞰した視野からの分析と本質を見抜いた提案とチームビルディングに定評がある。外国為替証拠金取引(FX)ではわずか8ヶ月で専業トレーダーレベルのスキルを習得した。鹿子木健氏とともに投資教育を展開し、投資家の自立支援もライフワークの1つに加わった。 経済的自由だけでなくトレードからの自由も獲得し、使命に生きることを提唱している。