良質な勝ちパターンの勉強⑤

原 裕二   2016年12月29日   良質な勝ちパターンの勉強⑤ はコメントを受け付けていません。

前回の投稿から8時間後です。

4時間足を扱ったこともあり、
勉強材料のために
少し丁寧にチャートを載せてみたいと思いました。

4時間足のMISSION 001(売り)は-1σに到達し、
バンドも狭まってきました。

ここで気づくのは
日足の抵抗ラインと4時間足の-2σがほぼ近似値だということです。

そして、このラインはチャートを大きく拡大していただくとわかる通り、
広範囲でも抵抗線となっています。

これまで
「週足MISSION 004(買い)、
日足MISSION 002(買い)となり、
4時間足MISSION 001(売り)で下落しています」と書いていましたが、

4時間足の売り目線をクローズし、
より日足にピントを合わせて、
けんさんが夏に開催された自由自在セミナー(上級者向け)で紹介されていた
MISSION 002(買い)+MISSION 007(買い)、
MISSION 006(買い)+MISSION 007(買い)という目線で、
成行注文と指値注文を組み合わせて狙っていくのも面白そうです。

もちろん100%はありません。
3割から4割のロスカットを現実的に考える必要があります。


今回、ユーロ/豪ドルを数回に分けて観察してきました。
いかがでしたでしょうか。

マルチタイムフレームで考えることは
基礎ができた後で十分です。

初心者の方はまずはMISSION 001から010までのEブックを熟読すること、
その後、資金管理をマスターし、001から010の中で得意な勝ちパターンに絞って
月利を安定させることを目指していきましょう。


2016122901
2016122902

 

About 原 裕二

株式会社ジェイ・ブルーム代表取締役  業界・専門を問わず個人、法人のプロジェクトを成功へとつなげた多数の実績をもつコーチングアドバイザー。俯瞰した視野からの分析と本質を見抜いた提案とチームビルディングに定評がある。外国為替証拠金取引(FX)ではわずか8ヶ月で専業トレーダーレベルのスキルを習得した。鹿子木健氏とともに投資教育を展開し、投資家の自立支援もライフワークの1つに加わった。 経済的自由だけでなくトレードからの自由も獲得し、使命に生きることを提唱している。