【重要】週後半のFOMC、日銀に注目

原 裕二   2016年7月24日   【重要】週後半のFOMC、日銀に注目 はコメントを受け付けていません。

トレードは戦略次第。

月、週のトレード戦略を持っている人は
月、週のトレード戦略を持っていない人と比べて、
勝つ確率は高くなります。

もちろん負けることは普通にありますが、
戦略軸を持つことで、
戦略を変更する、という次の行動がクリアになります。

トレード戦略を持っていないと、
右往左往が待っています。
これは避けたいところです。


今週のFOMC、日銀は押さえておきたいですね。

上昇、下落、どちらに行くか、
ということではなく、
どちらにも動く可能性が高い、
というリスク管理を心掛けるポイントです。

トレードは週前半で終了し、
後半は高みの見物ができればベストですね。

スイングの重要経済指標は
見送り後の後だしジャンケンが基本です。

トータルで勝ち続けるためには
ITでどれほどトレード環境が整ったとしても
プロのディーラーではない、
という自覚が私たちには必要なのだと思います。


2016-07-27 水
27:00 米 米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後、政策金利発表 → ドルストレート通貨ペアが動く可能性あり

2016-07-28 木
時間未定 日 日銀・金融政策決定会合(1日目) → ドル/円とクロス円通貨ペアが動く可能性あり

2016-07-29 金
時間未定 日 日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標 → ドル/円とクロス円通貨ペアが動く可能性あり
時間未定 日 日銀金融政策決定会合終了後、政策金利発表 → ドル/円とクロス円通貨ペアが動く可能性あり
15:30 日 黒田東彦日銀総裁 定例記者会見 → ドル/円とクロス円通貨ペアが動く可能性あり

About 原 裕二

株式会社ジェイ・ブルーム代表取締役  業界・専門を問わず個人、法人のプロジェクトを成功へとつなげた多数の実績をもつコーチングアドバイザー。俯瞰した視野からの分析と本質を見抜いた提案とチームビルディングに定評がある。外国為替証拠金取引(FX)ではわずか8ヶ月で専業トレーダーレベルのスキルを習得した。鹿子木健氏とともに投資教育を展開し、投資家の自立支援もライフワークの1つに加わった。 経済的自由だけでなくトレードからの自由も獲得し、使命に生きることを提唱している。